お仕事のこと日常のこと。


by reiko

はちみつ「児島の瀬戸内百花蜜」ラベル。


d0230366_16304367.jpg

児島のアパレルメーカーrolcaさんがファクトリーの裏山で収穫された、はちみつのラベルを制作させて頂きました。
海、島、船。瀬戸内の景色をラベルにとのご依頼。そこに、rolcaさんのロゴである風車をあしらってはとご提案しました。私は仕事にこうした遊び心を忍ばせることが好きです。

イラストは、いつものように沢山描いた中から選びました。沢山描いてもいいなと思うのは1、2枚。それらを使ってデザインしたものを数パターン提示します。選ばれたものを見て思うのは、当たり前なのかもしれませんが、いつもrolcaさんにピッタリのものを選ばれるなぁということ。そして私がいいなと思うものと大体一致しています。面白いです。

実は蜂蜜の収穫に私もご一緒しました。口に入れたとたん花の香りがフワッとする蜂蜜。今も大切に頂いています。

ここからは貴重な初夏の収穫体験をご紹介します。



2015. 6. 21. 日曜日

d0230366_18372048.jpg

お世話になっている児島のアパレルメーカーのrolcaさんは、ファクトリーの裏山で養蜂をされています。週末、はちみつの収穫にお邪魔してきました。

d0230366_19113476.jpg

早朝に収穫するのがよいそうで、集合時間は6時45分。到着した時はどしゃぶりで雷も鳴っていました。でもそれが嘘のように雨は上がり、時間が経つにつれ見事に晴れてきました。夏の到来を感じさせます。

ご家族や一緒に世話をしているご近所の方に加えて、陶芸作家さん、ケーキ屋さん、美容師さんと皆さん素敵な方ばかり。
小学生から年配の方までと年齢層も幅広くて、フラットで風通しの良い関係がrolcaさんの会社のあり方を示しているように感じました。

d0230366_18372040.jpg

防護用の服を来て、いざ裏山へ。

d0230366_18372099.jpg

まずは煙でみつばちの動きを鈍くさせます。

d0230366_18372150.jpg

ふたを開けたところ。

d0230366_18372731.jpg

白っぽくなっているのは蜜蓋ができている箇所。
これが全体の3分の1ほどあれば、蜜を収穫できるそう。

怒っているミツバチがブンブンと賑やかで、
肌が見えていたり、服が薄かったり、油断をしていると刺されます〜

d0230366_18500735.jpg

でも、可愛い。

d0230366_18372788.jpg

ふんわりと花の香りがします。

蜜蓋を取り除き、


d0230366_18372799.jpg

ドラム缶みたいな機械に入れます。

d0230366_18373370.jpg

そしてグルグル回す。
遠心力で蜂蜜を取るのです。
ガタガタするからみんなで押さえている。

d0230366_18373449.jpg

出てきたー。

d0230366_18373407.jpg

とれたてをパンにつけて頂きました。
美味しい。

d0230366_18382565.jpg

お土産に頂いた蜂蜜。
ミツバチが一生かけて集められるのはティースプーン一杯なのだそう。

d0230366_18382511.jpg

今までよりもずっとずっと貴重な食べ物に思えてきます。


朝、4時20分に起きたかいがありました…!

_

rolcaさんのサイトでも収穫の様子が紹介されています → こちら
はちみつ「児島の瀬戸内百花蜜」オンラインショップ → こちら



わたしのホームページ    http://www.reikotakeshima.com/
オンラインショップ     http://etabi.theshop.jp/








[PR]
by heartart39 | 2015-10-01 21:00 | イラスト | Comments(0)