お仕事のこと日常のこと。


by reiko

バタ、コロべえ


バタバタ〜っとしておりまする。
それで、タイトルを、ノリで「バタ、コロべえ」。
意味不明。

人生の半分くらいをダジャレで過ごせたら…。

笑いは大事です。

なんの話やら。

週末はお仕事でした。
今朝は、朝一であげるお仕事を昨日のうちに送っておいたので
週末焼けなかったパンを焼いていましたら、
出動命令出まして、慌てて洗濯物取り込んで乾燥機にシュートして
パン焼いてと突然加速家事。

やればできるもんですね。

そして、トリャーッ自転車漕いで(汗かきました…)、
わ〜〜〜っと巻いて直しして。
送って直して送ってって何回したっけ?

まぁ、なんとか。

金曜日は「バンクシーを盗んだ男」をみました。
これは見ておかねばなるまいと。
内容に関する感想は割愛しますが、ドキュメンタリーとしての完成度の高い映画でした。
イギー・ポップのナレーションもやばかった。
めっちゃカッコええですやん。
声だけで、説得力ある。
もう、すんません、ってひれ伏す感じ?笑
そして、現地のミュージシャンが素晴らしかった。
結論を語ることはない、けれど、その映像と編集から、言わんとすることが見えてくる感じ。
私の好きなAを言わずしてAを伝える、そんな感じ?

さて、ばーっと書いてドロン。




[PR]
# by heartart39 | 2018-11-05 19:53 | こと | Comments(0)


さて、秘書はお友達を連れてヘッドハンティング(一気に衝動買い)されました。
何しろ、見たこともない郷土玩具が、破格で売られておりまして。
土佐 鯨車
沖縄 古倉郷土玩具製作所 タウチー(闘鶏)
福島 三春張子 辰車

………。

買いすぎじゃろ!
何しろ、破格だったもので(言い訳)。
わ〜〜〜っとなると、我を忘れる。
とはいえ2日かけて小出しに3回に分けて買いました(恥)。

鯨車以外は、もう作られていないようです。

いずれもおそらく数十年くらい前のもののようですが、
とても綺麗な状態でした。
作為のなさ、職人の美しい仕事に魅了されました。
今も張り子など売られていますが、昔のものの方が良いと思うものが多いです。

全く古さを感じません。
形、色使い共にデザイン性が高く、
大量に作らなくてはならないから、無駄を削がれた大胆な模様がとても気持ちよい。

沖縄の古倉郷土玩具製作所は、現在お孫さんがついでいるようです。
通販などはありませんでしたが、サイトがありまして、、、
そちらに、琉球玩具制作の第一人者といわれる古倉保文さんの言葉を見つけました。

「一生童心」「健康是宝」


郷土玩具には、その土地でなくては生まれ得なかった物語があり、
子どもたちを思う気持ちが込められたり、
あるいは縁起ものとして飾れたりもします。

ものの向こう側が気になります。

見えないものをまとうものに興味があります。



ところで、買った郷土玩具、全部車がついている…。
今気づいた。。
車がついているもの、なぜか子供の頃から好きなんですよね。
落書きでもよく書いていました。

アトリエ開きで最初に買ったのも、
古いの舶来ものの、車付きの木馬でした。

いや、車だらけじゃが。

免許ないのに 笑


[PR]
# by heartart39 | 2018-10-25 18:38 | こと | Comments(0)

秘書2

d0230366_17095703.jpg



d0230366_17095678.jpg


秘書がまたヘッドハンティング(=衝動買い)されました。

この笑顔……

こんなニコニコちゃんの張り子の犬、見たことないです。

遠くからでも笑顔がしっかり見えちゃう。

しかも、珍しい上目遣い……

これは、ペット並みの癒し効果ですね。

手のひらサイズ。

まずまず古いもの。

ええと、戌年はあと数ヶ月だけど、まぁよい。



[PR]
# by heartart39 | 2018-10-24 17:15 | こと | Comments(0)
d0230366_12274044.jpg


福武教育文化振興財団の機関紙「FUEKI」の66号のデザインとイラストを担当させて頂きました。


d0230366_12274806.jpg

表紙をイラストにし、文字量を減らし、文字も大きくして、コンパクトかつ楽しい印象になるようにとのご依頼をいただいたリニューアル号です。リニューアルに当たってはかなり試行錯誤。試行錯誤が実を結び、届いているようにと祈るばかり。


d0230366_12273194.jpg


表紙絵はアナログとデジタルを駆使して4層構造になっています。一枚絵にするのではなく、仕掛けを作りたいと考え、3Dと2Dが共存したような絵に仕立てました。和菓子はリアルな3D、皿の部分はあえてペタッとした線画の2D、それをデジタルで合成することで、古今東西折衷なビジュアルになることを目指しました。

イラスト自体もレイヤーに分けて描き分けています。頭でシュミレーションして描き分けるのですが、ディスプレイで合成するまで意図する結果が得られるか分からず、かなりドキドキしながら進めました。背景はこのパターン以外にも数種類描いています。

表紙絵も担当させていただけるということで、大変有難く感じるとともに、重責を感じながら、時間の制約の中でできる限り試行錯誤を繰り返しました。

デザイン面は、太い罫線を交差することによってタイトルや見出しを区分けしています。またイラストへ視線を誘導する仕掛けにもなっています。裏表紙でも罫線が文字の区分けの役目を担っています。

裏表紙では、お皿の線画をデジタル変換して朱色にし、文の背景にあしらっています。表紙絵と関連した文章なので、表紙とゆるやかな関連性を持たせました。


d0230366_12283013.jpg

d0230366_12291568.jpg


d0230366_12293680.jpg


d0230366_12294642.jpg


巻頭ページの対談や、その他のインタビューやイベント紹介ページでは、人物のスナップ写真が多いので、どのように見せれば興味を持って読んでもらえるか、いつも以上に何度も試作を繰り返しました。

FUEKIのお仕事ではさまざまな学びが多くあり、仕事とともに成長させていただけることにいつも感謝です。
d0230366_12300325.jpg
d0230366_12301349.jpg


新しく始まった「福武コレクションものがたり」では、カジュアルなイラストを用いて、楽しくわかりやすく内容を伝えられるようなページにしています。ごちゃごちゃに見えず、かつ線画でも寂しくないよう、使用色を絞ってシンプルにまとめています。なお線はデジタルではなく全てアナログです。

イラスト制作の際、DVD「国吉康雄を探して」を借りて観たり文献を探したりしてイメージを膨らませました。


d0230366_12302916.jpg

d0230366_12304087.jpg




編集発行 : 公益財団法人福武教育文化振興財団
制作 : 株式会社吉備人 
印刷 : 株式会社三門印刷






[PR]
# by heartart39 | 2018-10-12 12:33 | デザイン | Comments(0)

d0230366_12154996.jpg



昨年に続き、子どもたちの詩を収録した『少年少女の詩』の装丁を担当させていただきました。

d0230366_12153483.jpg

d0230366_12165626.jpg

d0230366_12193517.jpg


d0230366_12194137.jpg


d0230366_12194136.jpg

d0230366_12173174.jpg


赤や黄色の鮮やかでのびのびとした元気な水彩画を用いて、子供たちの詩を引き立てられるような装丁を心がけました。見返しの紙は、男の子が持っても照れないよう、あえてシックな色の紙をチョイス。甘くなりすぎないようバランスをとりました。

d0230366_12181008.jpg



d0230366_12181065.jpg


d0230366_12181188.jpg



昨年は青、今年は赤。背表紙だけしか見えない状態でも、書店で目立つようにカラー展開しています。毎年メインカラーを変えることで、並べると色とりどりの花が咲いたように本棚が華やぎます。


d0230366_12203333.jpg



d0230366_12205382.jpg


『少年少女の詩』は、公益法人吉備路文学館に寄せられた、岡山県内の小学生の優秀作品を収録した作品集です。今年は27回目。子供達の詩は真っ直ぐに心に届くピュアな言葉がたくさん。ぜひ多くの方の手に渡りますよう。

なお、本文のデザインは別の方がしてらっしゃいます。

発行:公益財団法人吉備路文学館

発売:吉備人出版





[PR]
# by heartart39 | 2018-10-12 12:21 | イラスト | Comments(0)



福武教育文化振興財団の広報動画、「教えて!財団 andF vol.3 公募助成が採択されたら」にて、アニメーション用のイラストを制作させて頂きました。


d0230366_12085423.jpg

今まで同財団の機関紙「FUEKI」の連載で描いてきたキャラクターを生かしながら、新たに数ポーズ書き起こしました。イラストは、クレヨンの原画をデジタルデータに変換しています。クレヨンで描いているため、原画のサイズは20〜30cmと大きめ。自分が描いたイラストが動くのはやはり嬉しいものですね。可愛らしくお使いいただき嬉しいです。

d0230366_12085520.jpg


クライアント:公益財団法人福武教育文化振興財団





[PR]
# by heartart39 | 2018-10-12 12:11 | イラスト | Comments(0)


d0230366_11584705.jpg

足髙本店さまの和漢胃腸薬「膽肚羅丸(たんとらがん)」のパッケージ用のイラストを制作させていただきました。


女性にも手に取ってもらいやすいよう、お洒落な線画で7種の生薬を描いてほしいとのご依頼で、植物をシンプルな筆の線で描きました。イラストを使うことで、写真だと渋くなりがちなイメージの生薬が、お洒落なイメージに変身。さらに可愛らしいロゴがあしらわれて、一気に女子力アップのパッケージになりました。

d0230366_12002202.jpg



d0230366_12002169.jpg

d0230366_12002147.jpg


d0230366_12002290.jpg













デザイナーの西田さん、ご依頼、そして素敵にデザインしてくださってありがとうございました!

一番上の写真は、有限会社 足髙本店さまのウェブサイトよりシェアさせていただきました。▶︎こちら

クライアント:足髙薬品株式会社
ロゴ&パッケージデザイン:西田草介(Kakeru design)



https://www.reikotakeshima.com




[PR]
# by heartart39 | 2018-10-12 12:03 | イラスト | Comments(0)