タケシマレイコ(イラストレーター・デザイナー・アート的)のブログです。


by reiko
d0230366_12421779.jpg

「よみうりキルト時間」6号のレイアウトデザイン をご紹介いたします。

ハッピーなバッグ。

d0230366_12421768.jpg

こちらの連載は最終回。

付録もついて、増々充実しています。
国内外の最先端のキルト事情も知ることができます。
よろしければチクチクのお供に。

雑誌は通販▶(こちら)にてお買い求めいただけます。

キルト時間のTwitter




Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/




[PR]
# by heartart39 | 2017-04-27 12:44 | デザイン | Comments(0)

牛窓

d0230366_16342948.jpg

週末は「牛窓クラフト散歩」でした。
イベント前日の夕暮れ。

3日間、早朝から夜更けまで滞在した歴史ある港町。
作業しつつ撮った写真を少し。

d0230366_16343949.jpg

ただいま、何度行ったか分からないコンビニから眺める桜咲く丘。

d0230366_16343480.jpg


照明と一体化するツバメ。
横にかかる文字は魔除けだそうです。
毎年お寺さんから新しく書かれたものを頂き掛けかえるそう。
玄関に掛けるのが習わし。

d0230366_16345107.jpg

展示会場の1つで、もと遊郭だった素晴らしい建物の2階から眺める海。



d0230366_17114521.jpg

神社近くの桜が見事に満開。

d0230366_16342413.jpg

案内所とは思えないほど快適な案内所でした。

1年かけて準備してきたイベントが今日で終わるね、と途中いわれ、妙にしんみりしてしまいました。

作家の皆さま、牛窓の皆さま、お越し下さったお客さま、ボランティアの皆さま、実行委員の皆さん、
関わってくださった皆さま、ありがとうございました。

この種も何かに。




Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/




[PR]
# by heartart39 | 2017-04-19 12:00 | こと | Comments(0)

「森の8カテン」


d0230366_17044741.jpg

児島にあるrolcaさんの新しいお店、森の8カテン。
rolcaさんの洋服、またセレクトされた雑貨や食品を扱うお店に、イタリア料理店ぼーのうーのさんが併設した複合店舗です。
縫製工場だった場所をリノベして作られています。
お店の真裏にはrolcaさんのオフィスがあります。


d0230366_12253186.jpg

私はロゴを初め、看板、リーフレットなどを制作させて頂いています(リーフレットは現在進行中)。

オープンと同時にテレビやラジオの取材が入って、連日大盛況のご様子。
看板を見て取材班が見つけてくれたというエピソードを聞いたときは、ロゴもちゃんと仕事をしてくれていると感じて、嬉しかったです。


打ち合わせを兼ねて伺ってきたお店の様子をちょっとだけご紹介してみます。

d0230366_17304969.jpg

大きな椿の木がシンボルツリー。
お店から見えます。
養蜂をするようになってから、花もよく咲き、実も沢山実るようになったんだそうです。
裏山の段々畑も美しいんです。
小山の向こうが幼稚園ですって。
なんとまあちびっ子に良い環境なんでしょ。

d0230366_17045417.jpg

rolcaさんのオフィスにあるイイ看板。


d0230366_17045605.jpg

こちらもオフィスにて。

人生短し夢に生きて情熱を分かち合え。

そっかー。

って書いてあります。

よね?



d0230366_17045907.jpg

エントランスのレンガがかわいい。

d0230366_17050200.jpg

ラベルを制作させて頂いたはちみつジャムもずらっと揃っていました。
お友達やお世話になった方、そして自分に買って帰りました。
うまいんだな、これが。

d0230366_17050554.jpg

パスタランチは1250円でスープ、

d0230366_17050847.jpg

サラダ(生ハムがのったフランスパンも)、ドリンク、デザートまでついています。
美味しかったですよ!
窓の外は森。
そしてメインを撮り損ねる。

社長の家守さんはいつも何か新しいワクワクをお持ちです。
奥様のフミさんは、そんな社長をしっかりサポートしてらっしゃる。
そして、rolcaさんは地元児島と、そこに住む人たち、会社に関わる人をとても大切に考えてらっしゃいます。
それが素敵だなと思います。
まるで大きな家族のようですね。

児島から岡山へ戻り、町を歩きながら、
rolcaさんがあの森から発信している、温かな物語をどう形にするか考えていました。


森の8カテン
rolca



Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2017-04-17 17:24 | どこか | Comments(0)
d0230366_12245296.jpg

「よみうりキルト時間」5号で担当した、イラストとレイアウトデザイン をご紹介します。

d0230366_12244574.jpg


d0230366_12244550.jpg


d0230366_12244466.jpg

隔月刊になったこちらの雑誌。
通販▶(こちら)にてお買い求めいただけます。

キルト時間のTwitter



風邪をひき、週末は隠遁生活。
病はデトックスのようです。

掃除洗濯などもしつつ、しっかり眠り、漂うようにピースフルな内省的偏執的『fine little day』を読んだり、
ジャケットのとれかかったボタンを縫いつけたり、ポンちゃんを観察したり、ネットショッピングしたり、イベント用の準備物を作ったり。
そうそう、庭の小鳥用の水盤に、何とウグイスが水浴びにきてくれました。
しかし、朝食をとりながら水浴びするウグイスが見えるなんて、有り難し。



Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/



[PR]
# by heartart39 | 2017-04-03 12:38 | デザイン | Comments(0)
d0230366_16562655.jpg

またまた、かなり前のことになるのですが、スロウな本屋さんで『今月のふくてんちょー』のレイアウトデザイン、ワークショップのナビゲーターをさせて頂きました。「今月のふくてんちょー」とは、小学生が岩波少年文庫からお気に入りの本を一冊選び、感想文を添えたポスターを制作し、1か月間宣伝販売するというスロウな本屋さんのプロジェクト。
『今月のふくてんちょー』は、そのプロジェクトの約1年分をまとめた本です。


d0230366_16562970.jpg


ポスターを本にしたいということで、軽い気持ちでいいですよーっとお引き受けしたのですが、新たなテキストも沢山加わり、奥付までちゃんとある台割が届いた時、わーこれはちゃんとしていると少々焦ったのでした。ちょうど繁忙期とバッチリ重なっていたのも焦りを加速させたのでございました。

製本方法と使用する紙のリサーチに2、3日。レイアウトデザイン自体は子どもたちのポスターが生きるように、ごくシンプルにしましたが、手製本することを考えると注意したいのがノドの空き。何度もフォーマットの試作を作りました。約500枚の原稿は仕事の合間にせっせっと印刷し、当日のワークショップを迎えたのです。

ワークショップの詳しい様子はスロウな本屋さんがこちらで記事にしてくださっていますので、よかったらご覧になってみてください。

子どもたちも私もかなりてんやわんやでしたが、39冊の本は何とか完成。
代わりにやろうか?と言っても、時間がかかったとしても、自分の手で仕上げたいと奮闘する子どもたちばかりでした。とっても苦労して製本していたので、終わる頃には抜け殻のようになっていた子も多かったみたい。でも、少し時間が経ってから、苦労したけどちゃんとできたことが、何かしらの糧になっているかもね。かもね。きっと。
ワークショップの途中、子どもたちに制作した表紙について発表してもらったのですが、突然の提案にも関わらず、思いを込めて作った表紙絵について、しっかりとした口調で発表してくれたのが印象的でした。本への思い、そして、自分が好きなもの、さらに季節感を感じさせる絵を描いてくれた子が多かったのも興味深かったです。どれも大切なことばかり。本当に一生懸命に表紙絵を描いてくれたことが、その発表でよく分かりました。


この本が新たな小さな読者を生むといいですね。そして親御さんにとっても、お子さんの本選びの助けになるのではないでしょうか。

どれも一冊として同じ表紙の無い、子どもたちの心のこもった『今月のふくてんちょー』。
購入は ▶ こちら で。



Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/



[PR]
# by heartart39 | 2017-03-27 17:54 | ワークショップ | Comments(0)

ラジオの時間。


すっかりご紹介が遅くなってしまったのですが、3週間ほど前にラジオ番組「リンだとRiN太の土曜番長」に出演させて頂きました。番組内の【本を作ろう】というコーナーで、吉備人出版の山川さんが本作りのプロセスを紹介してらっしゃって、表紙デザインにまつわる回でお声がけ頂いたのです。

番組では、小林アナが本作りに挑戦しています。事前に届いたのは、可愛らしいイラストが添えられた、軽快で楽しいエッセイで、思わずどんどん読んでしまいました。その内容に似合う表紙デザインはどんな感じかな、イメージを膨らませて収録に向かいました。

文章を読んだ印象では、ちょっぴり天然な可愛らしい女性。デザインも可愛らしい感じがお好きかなと思っていました。でも、実際にお会いした小林アナはむしろボーイッシュな印象で、潔くシンプルなデザインを好まれることが判明。事前に膨らませていたイメージをお伝えしつつ、小林アナの意見を取り入れて話をしていきました。個人的にも、表紙をシンプルなデザインにする方がむしろインパクトが出ると感じたので、嬉しい予想外の展開でした。

そして話題は、印刷や紙のことにもひろがり、直前印刷所を訪ねて知ったばかりのお話を、さも以前から知っていたように語ってみたりも。

さて放送では、小林アナの本の表紙デザインが話の軸になるだろうと心の準備をしていましたが、番組冒頭は個人的に制作した『手のひら動物園』と、昨年制作したカレンダーについて、思っていた以上に時間を割いてくださったのです。
お二人ともその本の、紙や製本についてとても興味を持っていました。アナウンサーの方は、色々な物事を伝えるお仕事ゆえ、観察眼も鋭くて、だからこそ紙や製本技術などにも目を向けてくださるのでしょうね。まさか手製本について色々と聞いてくださるとは思っておらず、答えがしどろもどろになってしまったのですが、とても嬉しかったです。
ちなみに、『手のひら動物園』は岡山玉野市にある本屋さん、451BOOKSさんでお取り扱いいただいています。

【本を作ろう】は来週が最終回のようです。どんな本になったんだろ〜。

この番組を通して本作りの過程を知ることで、今までの本の見方が少し変わったり、魅力が再確認されるといいなと思っています。

機会を作ってくださった山川さん、改めてありがとうございました!

ラジオ局の制作現場を拝見できたことも楽しい経験でした。テレビでしか見たことが無かった音響システムに興味津々でしたし、扉のフォントがレトロで可愛かったです。

リンだとRiN太の土曜番長
吉備人出版



しかし、まさかラジオでブックデザインについてお話する日が来るとは…。
周囲で気にかけてくださる方々に、本当に日々感謝なのです。



Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2017-03-21 14:43 | デザイン | Comments(0)

なぜか花火


d0230366_11260532.jpg

昨日の牛窓にて。
5軒ほど清掃をし、その他の作業を済ませ、駐車場で立っていたら、
突然目の前に花火があがりました。

結構本格的な…。

ねぎらいの花火? 何かの祝福の花火?

晴天穏やかな海辺に打ち上がる花火。 
数分でしたがええもん見せて頂きました。

おばちゃんたちが作るお寿司やお漬け物、梅干し、大変おいしゅうございました。

本日の午前中、無事ひとつ入稿しました。





Reiko TAKESHIMA
http://www.reikotakeshima.com/



[PR]
# by heartart39 | 2017-03-20 11:41 | こと | Comments(0)