タケシマレイコ(イラストレーター・デザイナー・アート的)のブログです。


by reiko

ワークショップに向けて

d0230366_18301625.jpg


ワークショップに向けて自宅にあった紙もアトリエに持ってきたのですが、まるで紙を通してマイアーカイブを見るようなもので、いちいち立ち止まってなかなか整理が進まない。


d0230366_18301820.jpg



唐突に師匠の言葉がファイルから顔を出し、ありし日を思い出し、果ては高校時代の授業で使った紙まであって、それはしかも保存状態はよく、相変わらずの物持ちのよさに呆れるやら感心するやら。
いやはや、たかが、紙、されど神。

とか言ってないで早く整えねば。


d0230366_18302188.jpg






illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/





[PR]
# by heartart39 | 2018-02-18 18:27 | こと | Comments(0)

アイヌの衣装。

d0230366_13261973.jpg



アイヌの衣装に魅せられました。

知人のハブヒロシさん、小谷野哲郎さんが主催されていた、OKI & Rekpo LIVE! @岡山ツアーにて。音楽もさることながら、民族衣装や模様が好きな私は、アイヌの衣装に目が釘付け。質問ぜめにする私にレクポさんが丁寧にお話ししてくださいました。
また快く(あるいは呆れながらも?)沢山写真を撮らせていただきましたので、お聞きしたお話と合わせてご紹介します。

d0230366_13263624.jpg

レクポさんの衣装は、遠目ではパッチワークになっているのかなと思ったのですが、着物の上にアップリケし、さらにチェーンステッチで刺繍を施したものでした。アップリケ布のレイアウトや色合わせ、また刺繍がとても魅力的でした。

惹かれたのは、左右非対称であったり、イレギュラーだったりするデザイン。日本の伝統的なものづくりの中には、欠けた部分や逆の部分を作ることで、あえて完璧な形を崩すことがあります。私がとてもひかれる美学ですが、レクポさんの衣装にもそうした感覚を見ることができました。

頭に巻いているのは腰に巻いている帯と同じもの(だったと思う)。アイヌではその昔、女性の美しさのシンボルが長い黒髪だったそうで、長い髪の毛が仕事の邪魔にならないよう巻かれたのが始まりだとか。ただ、当時巻かれていたのは装飾の無い布の帯。刺繍は現代に入ってから施されるようになったとか。


d0230366_18420545.jpg


お二人の衣装はいずれも親戚や知人などに作ってもらったのだそうです。

レクポさんは、注文時に着物の色に合わせた色やイメージを簡単に伝えただけなのに、あっという間に仕上がり驚いたそう。手芸が得意な人というのは沢山いますが、デザインセンスを併せ持った作り手というのはそんなにはいなくて、制作者はまさにそんなセンスを持った数少ない作り手のようです。



d0230366_18421571.jpg

ちなみに、さらに手の込んだものは、アップリケは使われず、全ての模様部分を刺繍で表現するのだとか。

d0230366_18423602.jpg

頭に被っている頭巾のようなものは防寒として使われるもので、顔の部分だけがくり抜かれています。中にはさらに防寒する目的で、目の部分だけをくり抜いたものもあるそうです。目出し帽みたいな感じですね。

ジブリ映画に出てきそう…。いや、間違いなく出ていると思わずにはいられない衣装。

d0230366_18424592.jpg

オキさんの足のアップ。
足の部分は脚絆(きゃはん)同様の形状をしています。

この布にも刺繍が施されていて上着の裾からチラリと見えるのがとてもクールでした。ちなみに、履いている靴はkeen! 色味が衣装とピッタリだったので、てっきりアイヌのものと思いきや、まさかのアウトドアブランド。

足部分はてっきりズボンのようになっていると思っていた私は、どんな風になっているのか見たくて、気づいたら上着をまくっていただいておりました……。ただ衣装を見たいという一心で我を忘れるわたくし。
足元にしゃがみ込んで激写させていただきありがとうございます。

d0230366_13270374.jpg


後ろのアップリケも素敵です。男は背中で語る、と言いながらシャッターを切りました…。

アップリケ布には、ビンテージっぽい色合いの布もところどころに混ざっていて、それがアクセントになっていました。

なお、上着は腰を両脇のリボンで絞って止めるようになっているものもあって(写真の衣装がどうなっているのかは不明)、寒いと下に同じ形の服を着て、防寒するのだとか。

d0230366_13272853.jpg

パパラッチ風。仲の良いご夫婦。

貴重なお話を聞かせてくださって、さらに正面から後ろ姿、ツーショットからバストアップ、果ては足元まで、、、超モデルしてくださって、ありがとうございました。

私も着てみたい…。

------

アイヌ語の、日本には無い音の響きも魅力的でした。それぞれの国や民族には、他の言語には無い音があったりするものですが、それを全てミックスさせるとどうなるのでしょうね。

ライブではアイヌ、バリ、アフリカの音楽やダンスが素敵にミックスしていました。

ところで、主催されたお二方は、いずれも岡山に移住された方たち。昨年お知り合いになったのですが、新しい風を岡山に吹かせてくれて嬉しいです。ご一緒してくださったナイスなレディー5の皆さまにも感謝。良い1日でした。




illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/



[PR]
# by heartart39 | 2018-02-05 18:13 | アート | Comments(0)

d0230366_18221905.jpg
福武教育文化振興財団の機関紙「FUEKI」の65号のデザインとイラストを担当させて頂きました。

おぜんざいとあんこのイラストのページ。


d0230366_18221828.jpg

d0230366_18221793.jpg

d0230366_18221766.jpg

ページをまたいでテキストを流すという解を得て、読みやすくまとまりました。

d0230366_18221797.jpg

花のイラストは、子供の頃に先生に押してもらった「大変よくできました」のハンコのイメージだったりします。


d0230366_18221789.jpg

大人になるとなかなかもらえない花丸を添えてみました。


d0230366_18221780.jpg


d0230366_18234937.jpg

一点だけ前回のイラストを流用する箇所があり、そのタッチに合わせたら、リアルな人々になりました。

d0230366_18241549.jpg



銅版画で描かれた、細密なイラストも子供の頃好きだったのですが、ほんの少しだけそんな感じになりました。

その中にあって、愛犬ペニーの緩さが際立っています。

d0230366_18221907.jpg



d0230366_18221891.jpg



こちらは未使用のイラスト。冊子では写真が使われています。
国吉康雄は写真でという指定をうっかり見落として、書き下ろしたんです…。せっかくなのでお披露目。
ちなみに、写真を使用している他の人々も書き下ろしちゃっています。




illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2018-02-02 18:31 | イラスト | Comments(0)

旅が好き。


3年ぶりに再会した友人のおかげで一人では行かない場所に旅ができた。
とにかく景色が美しくて、感動。
そして友人の超マイペースでありながらも、優しくまっすぐで時に厳しい言葉を忘れまいと思う。
異なる視点を教えてくれる存在はとても貴重。
しかし、日常に戻るとほんの数日の再会は夢だったのかなぁと思う。

また別の日、5人のレディーとロードムービーさながらの夕べ。
レインボーブリッジでワイパーの先が飛んだことがあるという
年代物のクールな車にすし詰めで、
山奥へ知人主催のライブへ出かける。
開演前あまり時間がないけれど、何か温かいものを食べたくて、
暗闇にポツリと一軒ある小さな小料理屋へ。
レベルの高さにみんな唸る。なぜここにこんな…。
美味しいものを、ファーストフードみたいに10分で食べなくてはいけないことが残念だったけれど、
その状況はおかしかった。
また行きたいな〜。
気を遣わなくてもよい人たちで、共通するのは多分みんな旅好き。

1人で行く旅も好き。
人と行く旅は視点が複眼になることが素敵。

一緒に遊んでくれてありがとう。

そういえば、昨夜はお酒が飲めないのにワイン会に参加。
ワイン好きな方にはたまらない様々な種類のワインがあそこにもここにもある、隠れ家のような場所でして。
すごい方々ばかりだったけれど、よく分からない私にも皆さん気さくに接してくださる。
ワインの香りも味も好きだけど、とにかくアルコールが弱い(飲めないにほぼイコールの)私なのだけれど、
昨夜は自分史上初というほど、数種類をちょっとずつだけど、美味しく悪酔いもせず、飲むことができた。
なぜだろう。
良いワインだったから?
ワイン、時を選ばずに飲めるようになりたい…。
ワインとチーズのマリアージュがねぇ。

本当に、ご一緒してくださる皆さまに感謝。

ところでワークショップ、全然人が集まらないんですが!
来てくださーい。

まぁ、地道にたゆまずゆきまする。

今年は、毎月開催できたらと目論んでいるのです。
どうなるんだろうなー



グダグダな独り言でした。





illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2018-02-02 17:30 | こと | Comments(0)
d0230366_12502901.jpg

大人な皆さま向けワークショップ、「大人の図工時間」のご案内です。2年ぶり3回目となる今回は、「コラージュボックス」を作ります。空き箱に紙をペタペタ貼って、オリジナルの箱を作りましょう。貼る紙は紙持ち(金持ちと音は似ている…)の私がストックの中からご用意します。もちろん自分で貼りたい紙や箱もジャンジャンと持ち込んでください。紙好きさん、箱好きさん、ウェルカム。


大人の図工時間 3時間目「コラージュボックス」


●日時


2月17日(土)  10:30-12:00(A) 14:00-15:30(B)

2月19日(月)  14:00-15:30(C

2月20日(火)  10:30-12:00(D) 14:00-15:30(E)

●参加費 3,000円

●定員 4名/各回

●持ち物
ハサミ、のり、カッターナイフ、貼りたい紙、コラージュしたい空箱
※お持ちでない場合はこちらで準備しますので、申し込み時に持っていないものをお知らせ下さい。

●場所
わたしのアトリエ(岡山駅から徒歩圏内)
住所は申し込み時にお伝えします。
※駐車場はございません。近隣のパーキングをご利用ください。

●お申し込み方法
件名を「大人の図工時間 参加申し込み」として、下記内容を明記の上、

(hello@reikotakeshima.com)宛にメールでお申し込みください。
・お名前
・参加人数
・参加希望日時(A)(B)(C)(D)(E)

・緊急連絡先


ご参加お待ちしております✨



アクセス増加は一時的なものと思いきや、持続していますので、せっかくなのでワークショップの告知など。こうしてしばらくズルズルと続くカモ。




illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2018-01-29 12:55 | ワークショップ | Comments(0)

新しいブログの形を考える余裕の無いわたくしです。

限られたことしか専念できない質だぴょん。

それで、ブログはしばらく放置されたままなのに、

なぜかこの1週間やたらにアクセスが伸びていました。

おそらく、どこかのどなたかがリンク貼ってくださったんでしょう。

どなた?? 何に興味を持ってくれたのでしょう?

よくわからないのですが、ありがとうございます。




見つけてくださったお礼に、最近の写真を。


d0230366_17083216.jpg


水平線。

何もなくて、豊かである。

太陽が沈むと夜のとばり。

向こう側には朝が来る。


d0230366_17083110.jpg


そして、電車の中で見つけたお菓子の包み紙で作ったらしい小さな折り鶴。

椅子の背から、窓辺に移動。

次に見つけた人は、どこに移動させるだろう。

こうして折り鶴も旅をしているんでしょう。






illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2018-01-26 13:48 | こと | Comments(0)

謹賀新年

d0230366_19030798.jpg
あけましておめでとうございます。

今年もたくさんの感動がありますように。

皆さまにも私にも。




心新たに歩みを進めてまいります。

本年もよろしくお願いいたします。


ブログは何か別の形にしようかと、目論んでおりますが、まだ方向性がまとまっていません。

また形になったらお知らせしますね。


illustration, design, art...
Reiko. Takeshima
http://www.reikotakeshima.com/


[PR]
# by heartart39 | 2018-01-11 11:24 | こと | Comments(0)